セブンイヤーズ・イン・チベット。

 今更ですが、セブンイヤーズ・イン・チベット(97年/アメリカ)という映画を観たので日記に書いてみますね。

オーストリアの登山家ハインリッヒ・ハラーの自伝の映画化で、西洋人未到の地、チベット・ラサでのお話です。
若い時のダライ・ラマ14世との出会いも描かれていますが、これが、本当に美しい映画でして、音楽もすごくいいのです。(演奏はヨーヨー・マ)

チベット問題の事については、ここでは割愛させていただきますが、チベットで撮影することができなかったということで、セットを使ったり、あとはチベットに似た景観を探して、アルゼンチンやネパールなどをロケ地に選んたようですが、チベットのお坊さんをアルゼンチンまで運んだのでしょうか??‥‥‥

私は原作は読んでません(これから読みたい)が、おそらく映画用に多少変えているみたいです。
でも、ハインリッヒ・ハラーがチベットに行って人生観が変わったという大筋の部分は変わってないかとは思います。
脚色しているにせよ、チベットの人々のあたたかい雰囲気や、景観の美しさは十分に味わえました。

多分これは映画の中でも重要な1部分だと思われるのですが、印象に残ったのは、「西洋では競争して自分の名前を売る事が素晴らしい事とされているけれど、東洋(仏教)の考え方は違っていて、目立つ事は重要ではなく、自我を捨てる事が人生の目的」という様な内容の仕立て屋の女性のセリフでした。

それと、仏教では決して殺生をしてはならないので、映画館を作る際に土からでてきた大量のミミズも1匹1匹安全な場所に戻してあげるシーン。このミミズは、前世であなたの母親だったかもしれないからだそう。
宗教の教えがしっかりと行き届いているんですね。

ダライ・ラマ役の少年が本当に賢そうで、でも、少年ぽさもあり、若い活仏の雰囲気をしっかりと出してました。
とにかくもう、心が洗われるような映画でした。

もっと若い時に観ていたらとも思いますが、多分深いところまでは感じられなかったかな?という所で、今の自分に合った映画だったのかな。

自分の価値をどこにおくかって事、よく考えます。
表現者である以上、人からの評価を嫌でも聞かされるし、感じます。
人と比べることもありますし、人に認められる事に自分の価値を見いだした部分もありました。でもそれって、自分を大事にしてないのかなって思う。

自分の価値は自分で決めていかないといかんね。なぜなら色んな価値観があるし、自分を一番知っているのは自分だからさ!
周りと比べてもしようがないんだなと、最近心から思うのですよね。
昨日のわたし、1年前のわたし、10年前のわたし、と今のわたしを比べてみたらよくわかったわ。

進歩してるってこと!

じゃぁまたね(by 但馬うし)

クーヤ

■クーヤtwitter
http://twitter.com/kuya_songs

■クーヤHP
http://ku-ya.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA